公立大学法人 兵庫県立大学大学院大学院 地域資源マネジメント研究科

コウノトリを勉強しよう

コウノトリの郷公園とは?

コウノトリは、コウノトリの保護増殖事業と野生復帰事業の2段階の取組で成功を収めています。

コウノトリの郷公園は2段階目のコウノトリの野生復帰事業のために創られた施設です。

コウノトリ郷公園が開設されるまでの歴史は次の通りです。


昭和40(1965)年:人工飼育を開始(豊岡市野上の「コウノトリ飼育場」(現、保護増殖センター))

      46(1971)年:最後の日本の野生コウノトリが死亡飼育コウノトリは飼育されている

      60(1985)年:ソビエト連邦(ロシア)から野生コウノトリの幼鳥6羽を譲り受ける

平成 元(1989)年:ソビエト連邦(ロシア)から譲り受けた飼育コウノトリがヒナを産む(保護増殖成功

        3(1991)年:郷公園周辺の農業者有志が減農薬・無農薬農業に取組開始(アイガモ農法も)

        4(1992)年:コウノトリ野生復帰計画を開始

      11(1999)年:コウノトリ野生復帰のための「兵庫県立コウノトリの郷公園」開園

      13(2001)年:環境省発足

      14(2002)年:祥雲寺地区に「コウノトリの郷営農組合」設立

           郷公園周辺農家が環境にやさしい農業実践を開始する

           野生コウノトリ「ハチゴロウ」豊岡に飛来

      17(2005)年:野外へ飼育コウノトリを試験的に放鳥(試験放鳥)

      19(2007)年:豊岡市百合地巣塔で野外コウノトリがヒナを産む(野外繁殖成功)

 

兵庫県立コウノトリの郷公園全景

兵庫県立コウノトリの郷公園全景とコウノトリ育む農法の田んぼ


 

satokouen7


 

satokouen5

 

1 兵庫県立コウノトリの郷公園の仕事

  • コウノトリの保護と増殖(コウノトリの飼育)
  • コウノトリ野生化への研究(コウノトリの野生復帰)
  • コウノトリをシンボルにした人と自然の共生に関する普及と啓発

・小学校・中学校・高校の環境学習(コウノトリの講話・生き物調査・園内ガイド)

・幼稚園・小学校・中学校、一般団体へのオンライン講座・出前講座

 「コウノトリ野生復帰と自然環境」「コウノトリってどんな鳥?」

 「山陰海岸ジオパークとコウノトリ」「コウノトリ体験学習」

・郷公園イベント

 「ガイドウォーク」「特別ガイドウォーク」「飼育コウノトリへの給餌体験」「スタンプラリー」

 「コウノトリの巣づくり体験」「砂の世界をのぞく展」

2 兵庫県立大学大学院

  • エコロジー分野(生態学) ②ジオロジー分野(地質学) ③ソシオロジー分野(地域振興学)

 

satokouen6

 

 

 

(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
コウノトリ個体検索
(バナー)足環カタログ
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来・繁殖時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)兵庫県但馬県民局コウノトリ映像ライブラリー
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)キコニアレター
(バナー)兵庫県博物館協会