公立大学法人 兵庫県立大学大学院大学院 地域資源マネジメント研究科

コウノトリを勉強しよう

どうやって子育てする?

 

巣づくり

1~2月

kosodate1 新年を迎えると、巣材を集めてきて、巣作りを始めます。
 産卵

3~4月

 kosodate2 2ヶ月くらいすると、卵を4個前後、一日おきに産みます。
 抱卵

3~4月

 kosodate3 卵が産みそろった頃から、夫婦交代で温め始めます。
 ふ化

4~5月

 kosodate4  温め始めて1ケ月くらいでふ化します。

この時に、ヒナはギーギーと鳴きます。

 ヒナ

4~5月

 kosodate5  ふ化してから15日くらいのヒナです。

ヒナはやわらかいくちばしでクラッタリングをし始めます。
そして次第に鳴くことが少なくなっていきます。

 ヒナ

5~6月

 kosodate6  ふ化してから1ケ月もするとかなり大きくなります。

この頃のヒナは親鳥の2倍のエサ(約1kg)を食べます。

親鳥は自分のエサ500gとヒナ1羽に1kgのエサを

捕らなければならず大変忙しいです。

 巣立ち

7~8月

 kosodate7 ふ化から2ケ月と少しで巣立ちをします。

巣立ちする頃には大きさは親鳥と少しも違いません。

くちばしが黒いか、黒くないかがヒナと親鳥の違いです。

 

(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
コウノトリ個体検索
(バナー)足環カタログ
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来・繁殖時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)兵庫県但馬県民局コウノトリ映像ライブラリー
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)キコニアレター
(バナー)兵庫県博物館協会