公立大学法人 兵庫県立大学大学院大学院 地域資源マネジメント研究科

コウノトリを勉強しよう

足になにをつけている?

足環(あしわ)と言います。私たちの「名札」に当たります。

左右の足につけている色の組み合わせで、どこで、いつ生まれて、親が誰かがわかるようになっています。

ふ化から約43日後の巣立ちをむかえる前に、巣のヒナを捕まえて足環を着けてから巣に戻します。

色は黒・黄・赤・青・緑の5色あります。

IPPM-OWS(コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル)が運営している、

コウノトリ個体検索」に足環の色を入力すると、個体情報がわかります。

 

ashinomono1ashinomono2

(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
コウノトリ個体検索
(バナー)足環カタログ
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来・繁殖時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)兵庫県但馬県民局コウノトリ映像ライブラリー
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)キコニアレター
(バナー)兵庫県博物館協会