公立大学法人 兵庫県立大学大学院大学院 地域資源マネジメント研究科

コウノトリを勉強しよう

どんなふうに飛ぶ?

コウノトリは大きな鳥ですが、体重が軽いので、フワリと飛び上がります。

よく似たタンチョウはコウノトリの2倍の体重があるので、助走を10mくらいしてから飛び上がります。

タンチョウは飛んでいる最中も羽ばたきを盛んにするのですが、

コウノトリは羽ばたきはしますが、その後はグライダーのように羽を動かさずに飛びます。

コウノトリの飛ぶスピードは約40~60km/hです。一般の道を自動車が走っているスピードで飛びます。

最大1.3kmくらいの高さまで飛びあがり、200~300kmの距離を休憩なしで飛べるといわれています。

200kmは、九州と朝鮮半島の間の対馬海峡を一飛びできる距離です。

 

 

tobikata1tobikata2

 

 

 

 

tobikata3

 

 

 

(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
コウノトリ個体検索
(バナー)足環カタログ
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来・繁殖時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)兵庫県但馬県民局コウノトリ映像ライブラリー
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)キコニアレター
(バナー)兵庫県博物館協会