スタッフ

松本令以

松本令以(MATSUMOTO REI)(獣医師)

コウノトリの健康管理を担当しています。コウノトリの保全医学に関する研究をこれから進めていきます!

略歴

1975年 京都市うまれ
1999年 北海道大学獣医学部獣医学科 卒業
1999~2001年 のぼりべつクマ牧場 獣医師
2001~2010年 横浜市立よこはま動物園 獣医師
2010~2012年 横浜市立野毛山動物園 獣医師
2012~2015年 横浜市立野毛山動物園 飼育展示係長
2015~2016年 横浜市立よこはま動物園 医療係長
2016年~ コウノトリの郷公園 獣医師

資格
獣医師
日本野生動物医学会認定専門医(鳥類医学分野)
学芸員

専門分野
鳥類医学

業務内容
コウノトリの健康管理、疾病治療

所属学会・役員等
日本野生動物医学会(1995年~)
SSC委員会 副委員長(2010~2015年),委員長(2016年~)
教育普及委員会 委員(2013年~2015年)
学会誌編集委員会 委員(2016年~)
感染症対策委員会 委員(2016年~)
野生動物救護研究会 幹事(2000年~)
日本獣医師会(1999年~2016年)
Association of Avian Veterinarians(2016年)

著書・執筆

  1. 松本令以. 動物園の獣医学. 動物園学入門(分担執筆). 朝倉書店. 2014. 東京
  2. 松本令以. 2007. 変わりゆく21世紀の動物園~よこはま動物園(ズーラシア)の取り組み. ビオフィリア.3(3):44-49
  3. 松本令以,植田美弥,佐藤雪太,比嘉由紀子,津田良夫,澤邉京子,村田浩一. 2006. よこはま動物園における鳥マラリアの発生と対策. 獣医畜産新報. 59(10):827-830
  4. 松本令以,佐川志朗. 2017. 兵庫県から全国、そして世界へ~コウノトリ野生復帰の現状と課題~.私たちの自然. No.611 (2017年7・8月号)

学術論文(主なもの)

    1. MATSUMOTO R, HASHIMOTO Y. 2000. Distribution and Developmental Change of Lymphoid Tissues in the Chicken Proventriculus. Journal of Veterinary Medical Science. 62(2):161-167
    2. 植田美弥,高増哲也,中澤正年,今野雄一,山本裕彦,松井桐人,松本令以,水谷苗子,草村弘子. 2004. アトピー性皮膚炎が疑われたメガネグマの1例. 日本野生動物医学会誌.   9(2):135-138
    3. 松本令以. 2003. 第3回米国野生動物レスキュー研修ツアー. よこはま動物園研究会報. 6:23-27
    4. 松本令以. 2005. ミゾゴイの救護と飼育経過. よこはま動物園研究会報. 7:70-73
    5. 松本令以,山本裕彦,植田美弥,松井桐人,水谷苗子,草村弘子,上田愛子. 2006. 疝痛症状を示したホッキョクグマの試験的開腹術. 動物園水族館雑誌. 47(3):79-84
    6. 尾形光昭,小泉純一,森角興起,松本令以. 2006. 分子生物学的手法を用いたカンムリシギダチョウ(Eudromia elegans)の性判別. 日本野生動物医学会誌. 11(2):79-81
    7. 松本令以. 2006. よこはま動物園内で実施した蚊の捕獲調査. よこはま動物園研究会報. 8:59-63
    8. 古田洋,松本令以. 2006. ギンケイにおける人工授精の試み. よこはま動物園研究会報. 8:40-42
    9. 植田美弥,草村弘子,松井桐人,松本令以,山本裕彦,玉井勘次. 2007. フランソワルトンにみられた多中心性口腔扁平上皮癌の一例. 日本野生動物医学会誌. 12(2):117-121
    10. 10)松本令以. 2007. 身近な生き物調査チーム平成18年度活動報告. よこはま動物園研究会報. 9:18-20
    11. 松本令以. 2007. オシドリに発生した腫瘍8例. よこはま動物園研究会報. 9:49-51
    12. Murata K,Nii R,Sasaki E,Ishikawa S,Sato Y,Sawabe K,Tsuda Y,Matsumoto R,Suda A,Ueda M. 2008. Plasmodium(Bennettinia) juxtanucleare infection in a captive white eared-pheasant (Crossoptilon crossoptilon) at a Japanese zoo. The Journal of Veterinary Medical Science. 70(2):203-205
    13. Ejiri H,Sato Y,Sawai R,Sasaki E,Matsumoto R,Ueda M,Higa Y,Tsuda Y,Omori S,Murata K,Yukawa M. 2009. Prevalence of avian malaria parasite in mosquitoes collected at a zoological garden in Japan. Parasitology Research. 105(3):629-633
    14. 松本令以,植田美弥,村田浩一,比嘉由紀子,沢辺京子,津田良夫,小林睦生,佐藤雪太,増井光子. 2010. 横浜市の動物園における蚊媒介性感染症の媒介蚊生息調査. 日本野生動物医学会誌. 15(2):79-86
    15. 石井隆,葉山久世,加藤ゆき,東野晃典,菊池博,松本令以. 2010. 丹沢湖の外来亜種カナダガン学術捕獲とその問題点. BINOS(日本野鳥の会神奈川研究年報). 17:17-28
    16. 松本令以. 2010. ウガンダに行ってきました~JICA草の根技術協力事業によるウガンダ野生生物教育センターでの活動~. 野毛山動物園飼育研究会報. 17:45-49
    17. 雨宮勇斗, 東野晃典, 高橋麻耶, 富岡由香里, 松本令以, 鈴木馨. 2010.野生鳥類の展示利用に向けた馴化の試み. 日本比較臨床医学会誌. 18:27-36
    18. 平山加奈, 松本令以, 富岡由香里, 鈴木馨. 2011. 動物の人間に対する恐怖心を減少させる積極的な処置の検討. 共生社会システム研究. 5:47-69
    19. 石井隆, 葉山久世, 加藤ゆき, 篠田授樹, 池内俊雄, 松本令以, 萩原康夫. 2013. 河口湖で野生化していたカナダガンの袋網を用いた捕獲の記録. BINOS(日本野鳥の会神奈川研究年報). 20:9-20
    20. 松本令以. 2013. 研究する動物園5横浜市立動物園における研究と保全についての取組み. 日本野生動物医学会誌. 18(1):1-5松本令以. 2014. 動物園における展示動物の感染症とバイオセキュリティ最前線 種の保存のための動物輸入時の検疫. 日本野生動物医学会誌. 19(4):113-116
    21. 松本令以. 2014. 動物園における展示動物の感染症とバイオセキュリティ最前線 種の保存のための動物輸入時の検疫. 日本野生動物医学会誌. 19(4):113-116
    22. 松本令以,船越稔,吉沢拓祥. 2017. 飛翔抑制法として親鳥にブレイリングを適用した状態でのコウノトリの幼鳥のソフトリリース. 野生復帰.5:47-51.

研究発表(主なもの)

  1. 松本令以,松井基純,石川明子,笹本良彦. 1999. エゾヒグマに実施した尿道ろう形成術について. 第47回日本動物園水族館協会動物園技術者研究会
  2. 松本令以. 1999. エゾヒグマの直腸脱について. 第14回北海道獣医師会胆振支部業績発表会
  3. 松本令以,合田克巳,落合謙爾. 2000. エゾヒグマの椎間板ヘルニアの2例. 第15回北海道獣医師会胆振支部業績発表会
  4. 松本令以,山本裕彦,植田美弥,松井桐人,水谷苗子,草村弘子, 上田愛子. 2002. 疝痛症状を示したホッキョクグマの試験的開腹. 第50回日本動物園水族館協会動物園技術者研究会 動物園水族館雑誌 45(1):25-26
  5. 松本令以,山本裕彦,植田美弥,松井桐人,水谷苗子,草村弘子. 2003. 横浜市立よこはま動物園における過去5年間のフンボルトペンギンの治療および死亡例について. 第3回ペンギン飼育技術者研究会
  6. 松本令以,石井宗治,倉地陽子,山本裕彦, 植田美弥,松井桐人,草村弘子,玉井勘次. 2004. ミゾゴイの保護と飼育経過. 第123回日本動物園水族館協会関東東北ブロック動物園技術者研究会.
  7. 松本令以,川上和人,須永絵美,加藤千晴,石井宗治,倉地陽子,須田朱美,山本裕彦,植田美弥,松井桐人,草村弘子,玉井勘次. 2005. よこはま動物園におけるミゾゴイの救護の一例と神奈川県内での過去の救護事例. 第11回日本野生動物医学会講演要旨集. 11:122
  8. 松本令以,加藤千晴,山本芳郎,鈴木創,川上和人,須永絵美,石井宗治,倉地陽子,山本裕彦,植田美弥,松井桐人,草村弘子,玉井勘次. 2005. 台風通過後に神奈川県内で救護されたコアホウドリの3例について. 第11回日本野生動物医学会講演要旨集. 11:123
  9. 松本令以,植田美弥,松井桐人,近江谷知子,須田朱美,越智章仁,畑井仁,豊田武士,落合謙爾. 2007. オシドリに発生した腫瘍の8例について. 第144回日本獣医学会学術集会講演要旨集. 144:47
  10. 松本令以,清野悟,賀曽利亜紀,江村綾,近江谷知子. 2009. テングザルの輸入に際して動物園内で実施した輸入検疫と自主検疫. 第57回. 日本動物園水族館協会動物園技術者研究会 動物園水族館雑誌. 51(3/4):79-80
  11. 松本令以,菊池博,東野晃典. 2010. 最新!神奈川県における大型外来亜種カナダガン対策と今後の展開 「動物園としての取り組み」(自由集会). 日本鳥学会2010年度大会講演要旨集
  12. 松本令以,菊池博,東野晃典,葉山久世,石井隆,加藤ゆき. 2011. 神奈川県丹沢湖で野生化していたカナダガンの捕獲と動物園への収容. 第17回日本野生動物医学会要旨集. 17:86
  13. 松本令以,東野晃典. 2011. ウガンダが野生動物をまもるために ~ウガンダ野生生物教育センターへの技術協力~. 第17回日本野生動物医学会要旨集. 17:87
  14. MATSUMOTO R, KIRYU D, ONO K, KIDO N, DAN M. 2011. Hemiovariosalpingectomy for a Spotted pond turtle with oviduct prolapse. Annual conference of Indian association of zoo and wildlife medicine
  15. 松本令以, 菊池博, 櫻堂由紀子, 東野晃典, 小野香織, 田中宗平, 石川智史. 2011. 丹沢湖で野生化していた外来種カナダガンの生態系からの排除. 第142回日本動物園水族館協会関東東北ブロック動物園技術者研究会
  16. 松本令以. 2013. 動物園における感染症の防御と課題~口蹄疫, 鳥インフルエンザ, 鳥マラリアを例に~. 第155回日本獣医学会学術集会
  17. 松本令以. 2014. 日本産鳥類の保全に向けた動物園とフィールドの連携~ミゾゴイとカナダガンを例に~. 第20回日本野生動物医学会要旨集. 18:52
  18. 松本令以. 2016. 日本野生動物医学会におけるスチューデントセミナーコース(SSC)の実施状況.  第22回日本野生動物医学会要旨集.  22:33-34
(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)