野生復帰

グランドデザイン

兵庫県立コウノトリの郷公園では,2011年にコウノトリ野生復帰グランドデザインを策定し,以来これに基づいて野生復帰の取り組みを進めています.以下に本グランドデザインの前書きと目次を示します.詳細は本冊【PDF】をご覧ください.


はじめに
兵庫県が豊岡市においてコウノトリの野生復帰プロジェクトを進めていることは、国内外に広く知られるところとなった。
平成15年3月に策定した「コウノトリ野生復帰推進計画」(以下、「推進計画」という)に基づき、兵庫県立コウノトリの郷公園(以下、「郷公園」という)において、平成17年から試験放鳥されたコウノトリが、野外で定着した後、繁殖に成功し、最初のヒナを巣立たせたのは平成19年のことである。
そして、現在まで順調な野外繁殖が続いており、豊岡の空を自由に舞い、野外で生活するコウノトリ(以下、「野外個体群」という)は39羽(平成22年度末)に達している。

ここでの「野生復帰」とは、いったん野外で絶滅した種を再導入(re-introduce)し、個体群を再確立(re-establish)することである。
コウノトリの場合には、わが国の野生個体群が昭和46年に豊岡で絶滅したが、それ以前に兵庫県で捕獲し、ケージ内で約20年間にわたって飼育していた国内個体群の系統が、子孫を残すことなく途絶えた。
その後、ロシアから兵庫県に譲渡されたペアが郷公園において、平成元年に初めて 飼育下繁殖し、それ以降、飼育下のコウノトリ(以下、「飼育個体群」という)が増え、100羽を超えるようになり、平成17年の試験放鳥に至った。
試験放鳥は推進計画に基づいて行われたが、この計画では1)遺伝的な多様性への配慮、2)生息環境の整備、3)関係機関の連携、4)普及啓発の推進、そしてこれらを5)アダプティブ・マネジメントの手法を用いて行うことが基本方針と定められた。そ して、これらに関する研究と実行は、計画策定後、主に試験放鳥後に行われることになった。

本グランドデザインは、野生復帰の目的とコウノトリの歴史を踏まえ、5年間にわたる試験放鳥により得られた科学的研究成果を検証し、これらを基に、これからの本格的野生復帰を目指した短・中期計画と野生復帰の最終ゴールを提示するものであり、平成7年に作成されたIUCNの再導入ガイドラインの発展型と位置づけられる。
なお、このグランドデザインは、郷公園のこれまでの研究成果を基に策定したものであるが、連携する県内市町や他府県でのコウノトリの野生復帰計画に反映されることが期待される。
グランドデザインの策定にあたっては、学識経験者で構成する「コウノトリ野生化対策会議」で4回にわたり議論をいただいた。専門的な視点から有意義な意見をいた だいた委員及び関係者の皆様に御礼申し上げる。

兵庫県立コウノトリの郷公園 園長 山岸 哲


目次

はじめに

  1. コウノトリの野生復帰の目的
    1. 野生復帰の意義
    2. 人里への野生復帰の意義
  2. コウノトリの歴史(絶滅から保護、野生復帰へ)
    1. かつての生息
    2. 絶滅から保護へ
    3. 種の保存
    4. 野生復帰に向けて
  3. 豊岡地方における生息と絶滅
    1. かつての生息環境
    2. 1960~70年代の生息環境の変化と絶滅要因
  4. 試験放鳥期間の研究成果
    1. 放鳥~繁殖
    2. 巣立ちと野外個体群の形成
    3. コウノトリの社会
    4. 営巣地の分析
    5. 豊岡の住民意識の変化
    6. 試験放鳥の成果に基づく野生復帰の留意事項
  5. 野生復帰の必要条件とこれまでの取り組み
    1. コウノトリ生息のための必要条件
    2. 野生復帰に向けたこれまでの取り組み
  6. 目標設定
    1. 短期目標
    2. 中期目標
  7. 野生復帰のゴール

おわりに

付属資料

(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)