兵庫県立コウノトリの郷公園

公立大学法人 兵庫県立大学大学院大学院 地域資源マネジメント研究科

園長日記

(035)この家に見覚えは?

高校生の頃、長野でよく通っていた松屋さんという古本屋があった。あるとき、私はそこで1冊の写真集をみつけた。それは、昭和10年(1935年)10月25日に、日本鳥学会が発刊した『日本鳥類生態写真図集』という本であり、大英博物館万国自然写真展に出品された作品を集めたものだった(写真1)。ちなみに私の生年は1939年である。

その27ページに、下村兼二氏が兵庫県出石鶴山で撮影した「カフノトリ」の写真が掲載されている(写真2)。撮影月は7月中旬と書かれているが、撮影年が不明なので、原版を管理している山階鳥類研究所の塚本洋三さんに問い合わせたところ、はっきりしたことはわからないが、1920年代後半だろうと推定されるが詳細はやはり不明だとのことだった。かなり大きくなった2羽のヒナの元に親が帰って来て、1羽のヒナはヘビを咥えてぶら下げている。その頃からヘビは好まれていたらしいが、それよりも私の興味を引いたのは、背景に写し撮られた大きな農家らしい建物である。母屋は右側で、はずれてしまっているが、離れだろうか、特徴のある部屋が写っている。出石でこれほど大きな家なら、現在80歳代後半か90歳代前半のお年寄りで、この家をご存知の方が御存命なのではあるまいか?

(写真1)写真集の表紙

写真1 写真集[caption id="attachment_1269" align="alignleft" width="300"](写真2)カフノトリ 写真2 カフノトリ

の表紙[/caption]

(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)兵庫県但馬県民局コウノトリ映像ライブラリー
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)