野外

野外コウノトリの死亡について

京丹後市島津の電柱で巣立った、野外コウノトリの幼鳥が市内で死亡しました。京丹後市が以下のとおり発表しましたのでお知らせします。

  1. 死亡個体 207メス18Fシマヅ
    個体番号 J0207
    性別 メス
    生まれ年 2018年05月06日 京丹後市網野町島津の電柱巣で孵化
  2. 死亡の確認日  2018年9月10日(月)
  3. 死亡の確認場所  京都府京丹後市大宮町奥大野
  4. 経緯
    市民が交差点脇の路上で死んでいるのを発見。京丹後警察暑を通じて京丹後市教育委員会文化財保護課が現地確認し、死体を回収。常温保存後、9月11日午前中にコウノトリ郷公園に搬入。同日午後、解剖を実施。
  5. 所見等
      骨折箇所多数(頭部、胸部、右翼、右脚)
      肺出血
      電線への衝突により右翼を骨折して落下し、後頭部及び背部の強打により、頭部・胸部の骨折及び肺出血を生じたものと考えられる
(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)