野外

野外個体(J0173、J0174)が飛来しました

2017年7月に島根県雲南市で放鳥された幼鳥2羽が9月18日、豊岡市祥雲寺の県立コウノトリの郷公園へ飛来しました。
このコウノトリは、5月に親鳥が誤射により死亡したため、ここ県立コウノトリの郷公園で一時的に保護していた幼鳥です。7月12日に巣のあった島根県雲南市で放鳥式典が行われました。
9月1日には兄弟のJ0175が、14日には親鳥のJ118が飛来したところです。

  1. 確認内容
    幼鳥2羽飛来

    個体番号 性別 足環の色
    J0173 オス (左)緑青・(右)黄黄
    J0174 オス (左)緑緑・(右)黄黄
  2. 確認日時
    2017年9月18日17:10頃 兵庫県立コウノトリの郷公園職員が確認した。
  3. 確認場所
    兵庫県立コウノトリの郷公園内 非公開ゾーン オープンケージ横
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)