野外

福田地区人工巣塔で巣立った幼鳥が死亡しました

本日、今年巣立ちした野外コウノトリ1羽の死亡を確認しました。

  1. 死亡個体
    個体番号 足環の色
    J0143 (左)青青・(右)黄黒

    (2017年6月11日 豊岡市福田地区人工巣塔で巣立ち)

  2. 死亡の確認日時
    2017年6月24日(土) 7:10
  3. 死亡の確認場所
    兵庫県立コウノトリの郷公園 施設内
  4. 経緯
    2017年6月17日 豊岡市森津地区の水田で弱っている当該個体を兵庫県立コウノトリの郷公園職員が現場で保護した。左脚を負傷している様子があったため、兵庫県立コウノトリの郷公園に連れ帰り診察を行った。
  5. 所見等
    死亡原因は不明で、股関節の怪我が確認されていた。今後、解剖等を実施する予定です。
(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)