野外

野外個体の巣立ちを確認しました(河谷地区電柱上、累計100羽目)

豊岡市河谷地区電柱上で営巣しているペアのヒナ1羽について、以下のとおり巣立ちを確認しました。確認した経緯と合わせてお知らせします。
平成17年に初放鳥後、平成19年に野外で初めて1羽の巣立ちを確認してから、今回の巣立ちが野外で100羽目の巣立ちとなります。

1 確認内容:ヒナ1羽の巣立ち(オス J0113 足環:黒緑・赤青)

2 確認した経緯
7月25日(土)
8:23  郷公園職員が、河谷地区電柱上の巣にヒナがいるのを確認
9:05 市内の住民から、豊岡市百合地地区の畑の防獣ネットにコウノトリが絡まっているとの連絡が郷公園に寄せられる。
9:18 郷公園職員が出向いたところ、豊岡市河谷地区電柱上の巣から巣立ちしたヒナ(J0113)であると確認ネットから開放し、負傷の有無を確認したところ外傷はなかった。しかし、他のペア(百合地ペア)のなわばり内であり攻撃を受ける可能性があったため、親鳥のいる河谷地区電柱の近くに搬送した。
9:43 巣立った河谷地区電柱近くの水田の畦道で解放した。

3 巣立ちした場所:豊岡市河谷地区電柱上の巣

4 巣立ちしたコウノトリの親ペア(河谷ペア)
オス J0025 黒黄・黒黒
H22.06.21 豊岡市百合地地区人工巣塔で生まれる。(5才)
H22.08.29 巣立ち
メス J0016 黒(番号)・黒青黄
H21.04.22 豊岡市野上地区電柱上で生まれる。(6才)
H21.06.29 巣立ち

(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)