野外

野外個体(J0113と推察)の死亡を確認しました

野外コウノトリの死亡を確認しました。

1 死亡個体
個体識別用の足環が片足しか残っていなかったため個体を特定出来なかったが、今年、野外で巣立った幼鳥に装着した色の足環であることなどから、平成27年7月25日に豊岡市河谷地区電柱上の巣から巣立ち、7月30日から付近で行方が分からなくなっていたオス(J0113)と推察される。

2 死亡の確認日時:平成27年8月5日(水) 10時35分

3 死亡の確認場所:豊岡市河谷地区の農道

4 経緯
8月5日 10:05 地区の住民から、足環のついたコウノトリの脚と思われる骨が農道に落ちているとの情報が郷公園に寄せられた。
10:35 郷公園職員が現場に出向き、足環の付いたコウノトリの片足の骨とその他の部位の骨の一部、及び付近に散乱していた羽毛を確認し回収した。

5 所見等:骨の一部とわずかな羽毛しか残っておらず、死亡原因は不明。

(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)