野外

豊岡盆地で巣立ちした個体が初めて沖縄県で確認されました

今年6月に豊岡市赤石地区人工巣塔で巣立ちしたコウノトリ1羽が、沖縄県で確認されました。豊岡盆地周辺で放鳥又は野外繁殖したコウノトリが沖縄県で確認されたのは初めてのことです。

1 移動が確認された個体
個体番号:J0107 メス
H27. 4. 7 豊岡市赤石地区人工巣塔で孵化
H27. 6.10 巣立ち
親ペア:♂J0426-♀J0017
足環 右:黒緑 左:黄赤

2 確認された日時:平成27年12月19日 夕方

3 確認された場所:沖縄県豊見城市内の遊水池

4 情報提供者 沖縄野鳥の会 山城 正邦さん

(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)