野外

京丹後市永留の2羽のコウノトリについてヒナの誕生は望めないものと判断しました

京丹後市永留で巣作りを行っていた2羽のコウノトリについて産卵を推定される行動を確認していましたが、その後巣から長期間離れていることが分かったため、ヒナの誕生は望めないものと判断しました。

個体情報
メス J0050

H24年5月22日 豊岡市野上(のじょう)人工巣塔で生まれる
H24年7月29日 巣立ち
H27年8月29日 左翼負傷により緊急捕獲福知山動物園で治療、保護
H27年10月2日 京丹後市久美浜町芦原地区にて放鳥

未標識個体(個体識別のための足環がついていない個体)

雛が誕生しないと判断された理由

  • コウノトリが抱卵行動をやめ、巣塔を離れて活動していること。
  • 落下した卵1個を確認したところ、無精卵であったため、他の卵もその可能性が高いと判断されること。
(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)