兵庫県立コウノトリの郷公園

公立大学法人 兵庫県立大学大学院大学院 地域資源マネジメント研究科

野外

栃木県小山市の野外コウノトリの巣立ちについて

栃木県小山市が、野外コウノトリのヒナ2羽のうち1羽について、以下のとおり巣立ちを確認したと発表しましたのでお知らせします。

今回のヒナの巣立ちは、1971年に国内野生コウノトリが絶滅し、2005年に兵庫県立コウノトリの郷公園が野生復帰を開始して以降、東日本初の巣立ち事例となります。

 

  1. 巣立ちしたコウノトリ
    J0328 メス <足環>左:黒青 右:赤青
    愛称:ゆう
  2. 日時
    令和2年7月29日(水)14時05分
    ※14時00分にJ0328が巣塔を飛び立ち、14時05分に小山市下生井地内の水田に着地していることを「渡良瀬遊水地見守り隊」が確認いたしました。
  3. 場所
    渡良瀬遊水地第2調節池内人工巣塔(小山市下生井)
  4. 巣立ちヒナの親鳥
    オス J0128(128オス16R野田T) 2016.03.28 千葉県野田市で生まれる(4歳)
      <足環>左:黒青 右:黄黒 2016.06.04 飛び立ち(ソフトリリース)
    メス J0181(181メス18F鳴門)  2018.03.13 徳島県鳴門市坂東電柱巣で生まれる(2歳)
      <足環>左:黄黄 右:黄赤 2018.05.24 巣立ち
  5. 巣立ちまでの経過
    令和2年5月30日(推定) ふ化
        6月06日     ヒナ1羽の姿を初めて確認
        6月07日     2羽目のヒナの姿を初めて確認
        7月12日     個体識別のための足環装着及び検体採取
        7月26日     ヒナ2羽の愛称及び性別の発表
        7月29日     J0328が巣立ち(誕生61日目)
  6. 観察時の注意点
    (1)コウノトリの観察や撮影は堤防上からなど、離れた場所から行ってください。
    (2)危険ですので路肩や路上など通行の妨げとなる場所へは駐停車しないでください。
    (3)渡良瀬遊水地の小山市域では「渡良瀬遊水地の保全と再生及び賢明な活用に関する条例」によりドローンやラジコン等無人航空機の飛行が禁止されています。

 

(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)兵庫県但馬県民局コウノトリ映像ライブラリー
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)