兵庫県立コウノトリの郷公園

公立大学法人 兵庫県立大学大学院大学院 地域資源マネジメント研究科

野外

豊岡市出石町水上巣塔での野外コウノトリの巣立ちと救護及び死亡について

 豊岡市出石町水上人工巣塔で営巣しているペアのヒナ2羽のうち1羽について、巣立った当日に電線に衝突して負傷し、その後死亡しましたので、以下のとおりお知らせします。また、同巣塔の残りの1羽のヒナの巣立ちについてもお知らせします。

  1. 確認事項
    ヒナ1羽巣立ち(J0318オス 左:青青・右:赤赤) 318オス20Fムナガイ
  2. 確認日時
    令和2年6月30日(火)夕方
    コウノトリの郷公園職員が、田んぼでうずくまっているコウノトリを確認し、救護した。
    同日、巣立ったことを推定した。
  3. 確認場所
    豊岡市出石町水上人工巣塔
  4. 巣立ちしたコウノトリの親鳥(水上ペア)
    オス J0097(97オス14FトシマT) 2014.06.04 豊岡市戸島巣塔で生まれる(6歳)
        〈足環:緑赤・黒青〉 2014.08.09 巣立ち
    メス J0110(110メス15R朝来) 2015.04.16 朝来市三保放鳥拠点で生まれる(5歳)
        〈足環:赤黒・黒緑〉 2015.06.29 ソフトリリース
  5. 幼鳥の救護及び収容
     6月30日(火)夕方に、コウノトリ1羽が電線にぶつかって落下し、田んぼでうずくまっているとコウノトリの郷公園に連絡があり、コウノトリの郷公園職員が水上人工巣塔北側、出石特別支援学校の前の田んぼで同日救護し、郷公園に収容した。巣立ち後電線に衝突したものと思われる。
     7月1日(水)8時15分、職員が死亡しているのを確認した。
     令和2年に巣立った幼鳥について、豊岡市内及び養父市内で巣立った当日に、電線・送電線に接触してケガをした事例は3件目である。そのうち、死亡は2件目となる。
  6. 所見等
    解剖を行ったところ、右翼前腕骨骨折しており、それにより死亡したと思われる。
  7. 追記
    J0317オス(左:青赤・右:赤赤) 317オス20Fムナガイ
    コウノトリの郷公園の職員が、本日7月1日昼過ぎに電柱に留まっているところを確認し、巣立っていたことが確認された。同巣塔での2羽目の巣立ちである。
(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)兵庫県但馬県民局コウノトリ映像ライブラリー
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)