飼育

飼育コウノトリ(J351)の死亡を確認しました。

コウノトリの郷公園において、飼育コウノトリ1羽の死亡を確認しました。

  1. 死亡した個体
    J351メス(左:青白、右:黄)15歳

    2002年5月05日 コウノトリの郷公園で生まれる(親鳥はQペア、J157オス J154メス)
  2. 確認日時等
    2018年3月3日(土)9時58分
    郷公園飼育員がケージ内にてうつ伏せの状態でいるのを発見し、獣医師がすぐに駆けつけたが、死亡しているのを確認しました。
  3. 原因等
    2018年3月3日に解剖を行なった結果、胸骨内出血、胸腔内出血、肺出血、気管支内出血が認められました。
(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)