飼育

飼育個体の死亡を確認しました(J482)

コウノトリの郷公園において、飼育コウノトリ1羽の死亡を確認しました。

  1. 死亡した個体
    J482メス(右:黄、左:赤) 3才

    2013年5月19日 コウノトリの郷公園で生まれる(親鳥はAOペア、J366オス ロシア生まれ、J253メス 東京都多摩動物園生まれ)
  2. 確認日時等
    2016年6月28日(火)16時10分
    郷公園飼育員がケージ内にてうつ伏せの状態でいるのを発見。獣医師がすぐに駆けつけたが、うつ伏せの状態で死亡しているのを確認した。当日の朝の見回りの際には生存が確認されていた。
  3. 原因等
    2016年6月29日に解剖を行なった結果、肺の出血や炎症などが認められた。外傷等の肉眼的な異常は見られなかった。今後、詳しい死亡原因を特定するため、病理組織学的検査を行なう予定である。

 

(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館