飼育

福井県越前市でのコウノトリの2羽の孵化
(写真)2016年5月30日,福井県越前市,ヒナ2羽の孵化(提供:福井県自然環境課)

2016年5月30日(提供:福井県自然環境課)


福井県越前市で飼育中のコウノトリについて、福井県が以下のとおりヒナ2羽の孵化を確認したと発表しました

  1. 確認日時
    平成28年5月30日(月)
    1羽目 午前9時52分
    2羽目 午後2時15分
  2. 場所
    福井県越前市中野町 コウノトリ飼育ケージ内
  3. 確認した内容
    ヒナ2羽の孵化
  4. 今年の経過
    平成28年 4月 6日~15日にかけて5卵産卵したが、いずれも無精卵
    5月25日に郷公園から有精卵3卵を移送
    5月27日に3個の有精卵をTペアへ托卵

福井県でヒナが誕生したことに対し園長が所感を述べています

このたび28年5月27日に郷公園から有精卵を移送し、托卵した卵からヒナ誕生の知らせを受けることができ、大変嬉しく思います。
昨年、福井県が放鳥した「ゆめちゃん」は愛知県に、そして「元気君」は韓国南西部まで飛来しています。2羽のコウノトリが、それぞれ飛来した土地に「夢」と「元気」そして、数え切れないほどの幸せを届けていることを大変喜ばしく感じております。
これも兵庫県と福井県が共同研究をさらに進めてきた成果のひとつであると思います。このたび誕生したヒナが元気に育ち、巣立つことを祈念しています。

平成28年5月30日

兵庫県立コウノトリの郷公園
園長 山岸 哲

(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)