お知らせ

「体験活動・山陰海岸ジオパーク 砂の世界をのぞく展」の開催について

日本列島が大陸の一部だった時代から日本海が成立し、現在にいたるまでの地球の歴史が、山陰海岸ジオパークに分布する岩石や地層に残されています。今回はジオパーク各地9か所の砂の特徴を双眼実体望遠鏡で観察していただく催しです。参 […]


8月13日(月)を臨時開園します

今年のお盆期間の月曜日について、帰省された方や観光の方の来園が多く見込まれますこで、以下のとおり臨時に開園します。 日時    2018年8月13日(月) 開園時間  通常同様 午前9時~午後5時 その他   代わりの臨 […]


飼育コウノトリの死亡を確認しました

県立コウノトリの郷公園において、飼育コウノトリ1羽の死亡を確認しました。 死亡した個体 J100 メス 27歳 1991年4月16日 郷公園で生まれる。 確認日時等 2018年8月2日(木)午前6時30分 郷公園獣医が検 […]


死亡した幼鳥の死因について

7月14、日高町山本区で死亡した幼鳥の死因について、以下のとおりお知らせします。 個体情報 個体名 194メス18Fヤマモト 性別 メス 足環 右黄 年齢 当歳 孵化年月日 2018年4月7日 巣立ち年月日 2018年6 […]


「飼育コウノトリへの給餌体験」参加者募集(締め切りました)

通常では入園することのできない非公開エリアに入り、飼育員のアドバイスの下、特別天然記念物コウノトリのエサの準備やケージに入って給餌(エサやり)を体験します。ぜひご参加ください。 今年は好評につき3回計画しました。ご希望の […]


滋賀県長浜市からコウノトリの目撃情報が寄せられました。

7月28日は滋賀県長浜市木尾町、29日は滋賀県長浜市高畑町で田んぼにコウノトリが多数集まっている姿が撮影されています。 写真は28日に木尾町で撮影されたものです(9羽のコウノトリが確認できます)。 コウノトリは巣立って2 […]


郷公園開園プレ20周年事業 野生コウノトリはこの町を選んだ「ハチゴロウ展」

飼育下繁殖が軌道に乗り、試験放鳥への願いが高まるなか、野生コウノトリ「ハチゴロウ」は豊岡に飛来、定着、単独ではあるが造巣まで行いました。このことが野生復帰を目標とする研究者や市民にとって大きな力を与えるものとなりました。 […]


全国有機農業フォーラムinひょうご(神戸 舞子ビラ)に出展します

兵庫県立コウノトリの郷公園は兵庫県立大学大学院地域資源マネジメント研究科と共同して、「全国有機農業フォーラムinひょうご」へ出展します。 このフォーラムは、県政150周年記念事業として、有機農業の推進に積極的な県等が参集 […]


平成30年度 県立コウノトリの郷公園職員募集案内(飼育員)→募集を締め切りました

コウノトリの野生復帰を研究し実践する県立コウノトリの郷公園では、以下の人材(非常勤嘱託員)を募集しています。ハローワークを通じてお申込みください。 選考について 希望者は履歴書及びハローワーク紹介状の提出が必要(郵送可) […]


足環カタログを更新しました

足環カタログを更新しました。 当公園ウェブサイト下部のバナーからも利用可能です。 足環カタログ


(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)