お知らせ

IPPM-OWSによる「コウノトリ保全セミナー」 が開催されます

コウノトリは野外個体数の増加や繁殖地の拡大が進む一方で、新たな課題も見えてきています。今回のセミナーでは、コウノトリ保全事業の最新の状況について紹介します。

IPPM-OWSのホームページ

IPPM-OWS当該ページ
チラシダウンロード

 

  1. 日時 2018年11月25日(日)13:00~16:30
  2. 場所 東京都美術館(東京都台東区上野公園8-36)
  3. 内容
    • 講演「コウノトリ保全事業の近年の成果」
      佐川志朗(兵庫県立大学大学院地域資源マネジメント研究科教授、兵庫県立コウノトリの郷公園エコ研究部長、IPPM-OWS域内保全作業部会長)
    • 講演「徳島県鳴門市での繁殖について」
      柴折史昭(コウノトリ定着推進連絡協議会(徳島県))
    • 講演「島根県雲南市での繁殖について」
      高橋誠二(雲南市教育委員会 文化財課)
    • 講演「京都府京丹後市での繁殖について」
      小北景子(京丹後市教育委員会 文化財保護課)
    • 講演「野田市のコウノトリ放鳥事業について」
      岡 重之(野田市 みどりと水のまちづくり課)
    • 講演「関東でひろがる コウノトリの輪~埼玉県鴻巣市・自治体フォーラムの取組~」
      岡安優子(鴻巣市 環境課)
    • 講演「域外保全の重要性~飼育施設での取り組みと課題~」
      中島亜美(多摩動物公園、(公社)日本動物園水族館協会生物多様性委員会ニホンコウノトリ計画管理者)
    • 講演「野外コウノトリの救護及び死亡の要因」
      松本令以(兵庫県立コウノトリの郷公園、IPPM-OWS事務局長)
    • 講演「これまでの取り組みの総括と今後の展望」
      江崎保男(兵庫県立大学大学院地域資源マネジメント研究科長・教授、兵庫県立コウノトリの郷公園統括研究部長、IPPM-OWS副代表)
  4. 対象 中学生以上
  5. 申込 e-mailによる申し込みとします
    件名を「コウノトリ」とし、本文に参加希望者全員の氏名(ふりがな)・年齢(学年)、代表者の住所・氏名・電話番号を記入してお送りください。
    e-mail:2018stork@tokyo-zoo.net
    件名を「コウノトリ」とし、本文に参加希望者全員の氏名(ふりがな)・年齢(学年)、代表者の住所・氏名・電話番号を記入してお送りください。
    お申し込みの際は、@tokyo-zoo.net からの Eメールを受信できるよう、迷惑メールフィルターやメールソフトを設定してください。特に携帯電話からお申し込みの方はご注意ください。
    【締め切り】
    2018 年 11 月 20 日(火)
    ※10 月 25 日(木)から募集を開始し、先着順とします。
    締め切り前に定員に達した場合は、多摩動物公園のホームページ(東京ズーネット http://www.tokyo-zoo.net/zoo/tama/)でお知らせします。
  6. 主催 コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
  7. 共催
    • (公財)東京都動物園協会
    • 兵庫県立コウノトリの郷公園
    • 兵庫県立大学大学院地域資源マネジメント研究科
  8. 後援 (公社)日本動物園水族館協会

チラシ画像

(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)