お知らせ

除草作業した祥雲寺巣塔下ビオトープでエサを探すコウノトリを確認

9月21日、兵庫県立コウノトリの郷公園の北、祥雲寺巣塔下のビオトープ周辺の草刈りを郷公園職員で行いました。これは、ビオトープに草が繁茂し、コウノトリが採餌するのに適した開放水面がなくなってきていたため、コウノトリが採餌しやすい環境を整える目的で行ったものです。除草作業を終えて、深みになって魚類の隠れ場所になっている池と水田魚道が姿を見せました。9月29日、ビオトープ周辺で採餌するコウノトリの姿が確認できました。

除草作業(21日)

職員による除草作業(9月21日)

採餌する祥雲寺ペア(29日)

採餌する祥雲寺ペア(9月29日)

餌を探すメスの個体

エサを探すメス

(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)