お知らせ

死亡した幼鳥の死因について

7月14、日高町山本区で死亡した幼鳥の死因について、以下のとおりお知らせします。

  1. 個体情報
    個体名 194メス18Fヤマモト 性別 メス
    足環 右黄 年齢 当歳
    孵化年月日 2018年4月7日 巣立ち年月日 2018年6月23日
    経歴 兵庫県豊岡市日高町の山本巣塔で孵化
    2018年5月20日に高所作業車を用いて巣内で捕獲し、足環を装着
    他の2羽より体格が著しく小さかったため、金属足環ではなくエルザリングを装着
    備考 孵化日は、巣内で1羽目が孵化した日
  2. 死亡時の状況
    死亡年月日 2018年7月14日
    市民が送電鉄塔の下で死亡しているコウノトリを発見し、コウノトリの郷公園に電話連絡
    死亡場所 兵庫県豊岡市日高町山本
    死亡状況 送電鉄塔の下で死亡していた
    感電したような焦げ痕が後頭部などにあった
    職員が回収しコウノトリの郷公園の冷蔵庫に一時保管
    解剖年月日 2018年7月18日
    解剖後の保存 研究用に臓器の一部、血液、羽毛を採取して冷凍保存
    死体は冷凍保存(皮膚外傷及び骨折のため剥製及び骨格標本には適さず)
    体重 3600g(解剖時)※2018年5月20日 2600g(足環装着日に測定)
  3. 解剖所見
    所見 電撃傷(頭部、頚部、右翼、右脚)
    骨折(頭部、頸椎、肋骨、骨盤、左脚等)
    肺出血(気管・気管支・気嚢内 血液含まず)
    腎臓 右側前葉断裂(骨盤の骨折部分に隣接)
    食道内 未消化の食物含む(カエル、ドジョウ、トンボ幼虫・ガムシ、コオイムシ等)
    胃内及び腸内 消化途中の食物含む
    解剖診断 感電死及びその後の墜落による全身打撲(ただし墜落時には既に死亡)
    コメント 肋骨、骨盤、鎖骨、肩甲骨、鳥口骨の骨折は墜落した際に背部から落下し、背部を強打したことによるものである。

 

(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)