お知らせ

負傷したJ0275の所見について(速報)

3月27日、嘴(くちばし)を負傷したコウノトリJ0275について捕獲・収容の詳細をお知らせしたところです。続いて、負傷と治療、J0275の様子について急ぎお知らせします。


  1. 負傷の所見
    下嘴は、当初の欠損部6cmに加え、折れ曲がっていた角鞘3cmが脱落し、合計9cmが欠損している。レントゲン撮影を行ったところ、残っている下嘴の端から3cmのところに骨折を確認。また上嘴にも軽度なひびを確認した。
  2. 行った治療
    下嘴を副木で保護し、自然な再生を待ちます。上嘴のひびは軽度であるため特別な処置は行いません。
  3. J0275の状態
    餌桶から1日に500g程度採餌しています。食欲もあり、元気です。
(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)