お知らせ

「伊佐野外コウノトリの繁殖を祝う会」を開催しました

7月18日(水)、養父市立伊佐小学校の体育館において県立コウノトリの郷公園・養父市・伊佐地区自治協議会によるみだしの会を開催しました。
来賓あいさつに続いて、「伊佐と ぼく わたしたちと こうのとり」と題して伊佐小学校の児童による活動発表がありました。続いてコウノトリの愛称発表が行われました。

  • 「誠」(まこと)オス
  • 「実」(みのり)メス

園長のお祝いコメントを紹介します

伊佐小学校のみなさん、伊佐地区のみなさん、そして養父市のみなさん、この地の巣塔で野外コウノトリのヒナ2羽が見事に巣立ちました!誠におめでとうございます。
遡ること、平成24年10月、「養父市コウノトリ放鳥推進事業」として、養父市がこの地に飼育ケージを設置し、放鳥拠点を構えられました。同時にこの事業推進に共感された伊佐の住民のみなさんが、草を刈り、湿地や田んぼを管理し、多くの「汗」を流して、このコウノトリと共生できる環境を整えられました。その地に遂に野外コウノトリがやってきたこと、そしてこの地域では約60年ぶりに野外での繁殖が成功したことをお聞きし、わたくしも感慨ひとしおです。養父市もまた「コウノトリに選ばれた町」になりました。
そして、やってきたコウノトリを伊佐小学校の児童のみなさんが観察し、学習する姿を思い浮かべ、わたくしはたいへん幸せを感じています。人とコウノトリが共に生きる、まさにこれが、良き時代の日本にあった姿ではないでしょうか。
こうした取り組みが養父市内でさらに広がり、南但馬でコウノトリの生息・繁殖域がますます広がることを期待しています。そして、こうした環境を生み出されたみなさまのご努力に対し、心から敬意を表します。
本日は、誠におめでとうございます。

平成30年7月18日
兵庫県立コウノトリの郷公園長
山岸 哲

(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)