お知らせ

福井県が放鳥したコウノトリが死亡しました

福井県が放鳥したコウノトリ1羽の死亡を確認しました。

  1. 死亡個体 139メス16R越前
    個体番号 J0139
    性別 メス
    生まれ年 2016年
    福井県越前市でリリースされた個体
    脚を損傷している
    愛称「さきちゃん」
  2. 確認場所 長野県松本市波田の水田
  3. 発見期日 2018年6月28日 早朝
  4. 死因 不明 ※岐阜大学応用生物学部において病理解剖を行う予定
  5. 経緯
    27日の19時には死亡個体発見場所の北へ1kmの位置に滞在、その後移動(GPSによる情報)
    28日6時には死亡個体発見場所にいたことが分かっている(GPSによる情報)
(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)