お知らせ

島根県雲南市のコウノトリの巣立ちについて

島根県雲南市から提供された画像を兵庫県立コウノトリの郷公園及びIPPM-OWSが確認したところ巣内のヒナ1羽の巣立ちを平成30年6月18日に確認しました。島根県での野外巣立ちは初めてのことになります。

巣立ちヒナ個体名  198メス18F雲南
巣立ち確認日時 2018年6月18日(月) 11時50分(雲南市教育委員会職員が確認)

巣立ちヒナの写真

巣立ちが確認された198メス18F雲南(雲南市教育委員会提供)

園長コメント
雲南のみなさん、無事巣立ち!誠におめでとうございます。
「ヒナ誕生の報」以来、4羽がすくすくと育っているとお聞きし、雲南市のポテンシャルの高さにいささか驚きも感じつつ見守っておりました。
昨年6月、郷公園に速水市長様をお迎えした折に、雲南市が第二の豊岡になる可能性を「雲南市のポテンシャル」という言葉を使って表現させていただきましたが、豊岡でも見られない4羽同時の育雛は、その際の予想を上回るものであります。まさに雲南市は「コウノトリに選ばれた町」になりました。
こうした環境を生み出されたみなさまのご努力に対し心から敬意を表します。
兵庫県立コウノトリの郷公園長
山岸 哲

(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)