お知らせ

4/26(木)飼育コウノトリの展示を再開しました(缶バッジ配布は終了しました)

兵庫県立コウノトリの郷公園から半径100㎞圏内において環境省が設定した野鳥監視重点区域が4月25日午前0時をもって解除されたことから、「飼育下コウノトリ高病原性鳥インフルエンザ対策マニュアル」の対策段階を「通常段階」に引き下げます。
この飼育コウノトリの展示再開にあたり、先着100名の方に缶バッジを進呈します。ぜひ新たに迎え入れるコウノトリを多くの方で出迎えてください。

 

  1. 郷公園内オープンケージ
    日時 2018年4月26日(木)解放作業は9時15分から行う予定です
    開園時刻は9時から17時
    場所 県立コウノトリの郷公園公開ケージ
    個体数 10羽
  2. 朝来市三保地区放鳥拠点及び養父市伊佐地区放鳥拠点
    飼育再開予定の個体が繁殖期に入っているため、個体の安全に配慮して飼育再開は後日決定します。

なお、対策段階の引き下げに伴い、入園口での靴底消毒マットも撤去します。長期間にわたり消毒に御協力いただきありがとうございました。

 

対策段階の内容変更について(○は実施するもの)

主な対応項目 対策段階3
(4月25日まで)
通常段階
(4月26日から)
飼育エリアへの立入禁止【一般来園者】
入園口での靴底消毒【一般来園者】
死亡野鳥・異常野鳥発見時の報告【野鳥対策】
園内の池・湿地の水抜き【野鳥対策】
飼育ケージへの天井シート設置【野鳥対策】
オープンケージの飼育個体の収容【野鳥対策】
飼育エリア間の個体移動原則中止【個体移動】
個体移動時の健康状態の確認【個体移動】
高病原性鳥インフルエンザが疑われる死亡個体・異常個体の簡易検査【簡易検査】
収容する個体の簡易検査【簡易検査】

※天井シートは順次外します。

(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)