お知らせ

野外コウノトリ(祥雲寺ペア)の親がヒナを飲み込んだことについて

以下のとおり野外コウノトリ(祥雲寺ペア)において、3羽のうち最小のヒナを生きたままの状態で、親が飲み込んだことを確認しました。その結果、祥雲寺ペアのヒナは2羽になりました。
これは、親による子の間引きであり、兄弟姉妹間の餌をめぐる競争が起こりにくいコウノトリ類が、進化の過程で獲得してきた適応的な行動だと考えられます。

  1. 確認日 2018年4月6日(金) 13時35分
          兵庫県立コウノトリの郷公園職員が観察用のモニター画面により確認
  2. 人工巣塔 豊岡市祥雲寺地区人工巣塔
  3. 関連情報
      祥雲寺ペア
       オス J0021 2010.04.17 兵庫県立コウノトリの郷公園内仮設人工巣塔で孵化する(7歳)
              2010.06.23 巣立ち
       メス J0012 2009.03.11 百合地巣塔で孵化する(9歳)
              2009.05.24 巣立ち
  4.  

(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)