お知らせ

韓国教員大学コウノトリ生態研究院ナム・ヨンスク所長の来園

2月1日(木)、兵庫県立コウノトリの郷公園へ韓国教員大学コウノトリ生態研究院ナム・ヨンスク所長が来園されました。
郷公園内にある兵庫県立大学大学院棟にて大学院の紹介・郷公園における環境教育の紹介を行った後、豊岡市立コウノトリ文化館や公開ケージを職員が案内しました。
ナム教授はコウノトリ研究における地域の連携や環境教育プログラムに強い関心をお持ちで、郷公園の取り組みを参考にしたいとコメントされました。また兵庫県立大学大学院との研究面での協力を希望されています。

兵庫県立大学豊岡ジオ・コウノトリキャンパスを訪問したナム教授(写真中央の女性)

兵庫県立大学豊岡ジオ・コウノトリキャンパスを訪問したナム教授(写真中央の女性)




【韓国教員大学と兵庫県立コウノトリの郷公園の共同研究の経緯】
(職名等は当時のもの)
2003年11月8日 共同研究について合意(研究員の交流など)
2005年2月23日 韓国教員大学コウノトリ復元研究センターへコウノトリ2羽(雄2)譲渡
2005年6月 韓国教員大学校コウノトリ復元研究センターからチョン・ソクワン研究員を客員研究員として受け入れ
2005年9月24日 「コウノトリの放鳥式典」に韓国教員大学パク・シリョン教授を招聘
2007年10月30日 韓国へ4羽(雄2、雌2)譲渡
2014年6月 江崎研究部長、内藤主任研究員が韓国を訪問
2014年10月 韓国で開催された生物多様性条約第12回締結国会議(CBD-COP12)のサイドイベント「日韓コウノトリ野生復帰フォーラム」に江崎研究部長が講師として招聘
2015年9月 韓国忠清南道礼山郡におけるコウノトリ放鳥式典及びコウノトリ保全国際フォーラムに山岸園長と江崎研究部長が来賓として招聘
2016年5月26日 ユン・ジョンミン研究員と、礼山郡郡守ほか5名が、韓国でのコウノトリの野生復帰に向けた情報交換と視察を行うためコウノトリの郷公園を訪問
2016年7月18日 韓国忠清南道礼山郡におけるコウノトリ放鳥式典に山岸園長と内藤主任研究員が来賓として招聘、あわせて韓国教員大学校学長を表敬訪問しコウノトリの野生復帰に関して意見交換
2016年11月23日 韓国忠清南道禮山郡におけるコウノトリ保全国際フォーラムに佐川主任研究員と内藤主任研究員が講演者として招聘される

(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)