お知らせ

コウノトリ保全セミナー2018 「コウノトリ野生復帰の現状と展望」が開催→申込を締め切ります

→【定員に達したので申込を締め切ります】
多数お申込いただき、ありがとうございました。

コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)によるセミナーが行われます。
コウノトリの野生復帰が急速に進む西日本の状況を踏まえ、今回は初の大阪での開催となります。コウノトリの野生復帰の現状及びIPPM-OWSの活動を多くの方に理解していただけるよう願っております。

  1. 日時 2018年2月4日(日) 13時30分から16時30分(受付は13時00分より)
  2. 場所 天王寺動物園
    〒543-0063 大阪市天王寺区茶臼山町1-108 電話番号06-6771-8401
    最寄り駅:JR天王寺駅  地下鉄御堂筋線 動物園前駅 徒歩5分
  3. 定員 50名
  4. 内容
    • 基調講演「動物生態学の理論に基づく野生復帰~現状と展望」
      講師:江崎保男
      兵庫県立大学大学院地域資源マネジメント研究科 研究科長・教授
      IPPM-OWS域内保全作業部会 部会長
    • 講演1 「国内外の飼育施設における生息域外保全の取り組み状況」
      講師:高見一利
      大阪市天王寺動物公園事務所
    • 講演2 「コウノトリの採餌物と生息域内の餌環境整備」
      講師:佐川志朗
      兵庫県立大学大学院地域資源マネジメント研究科 教授
    • 質疑・応答
  5. 主催 コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
    共催 大阪市天王寺動物公園事務所
       公益財団法人東京動物園協会
       兵庫県立コウノトリの郷公園
       兵庫県立大学大学院地域資源マネジメント研究科
    後援 公益社団法人日本動物園水族館協会(JAZA)
    • 応募方法 Eメールで以下の通りお申込みください。応募者多数の場合は抽選をおこない、当落にかかわらずお知らせします。
    • 締切 2018年1月19日(金)送信分まで有効
    • 方法 stork2018@tokyo-zoo.net宛に、件名を「コウノトリ保全セミナー」とし、本文に参加者全員の氏名(ふりがな・年齢)、代表者の住所・氏名・電話番号、学生の場合は学校名と学年を記入してお送りください。
    • 注意 申し込みの際は、@tokyo-zoo.netからのメールを受信できるよう、迷惑メールフィルターやメールソフトを設定してください。特に携帯電話からお申し込みの方はご注意ください。
  6. 助成 このセミナーの開催経費の一部は、公益信託サントリー世界愛鳥基金の助成を受けています。
  7. 認定事業 今回のセミナーは、国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)による連携事業の認定を受けています。
  8. 問い合わせ
     応募先と同じメールアドレスにご連絡ください。
     兵庫県立コウノトリの郷公園 船越 電話:0796(23)5666  FAX:0796(23)6538

保全セミナーチラシダウンロード

20180206ippm-ows

(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)