お知らせ

野外100羽目のコウノトリが巣立ちしたことについて(園長コメント)

園長コメント
徳島県鳴門市での巣立ちに続き、またひとつうれしい知らせが届きました。平成17年の放鳥から12年、初めての野外での孵化から10年での野外コウノトリ100羽到達となりました。関係のみなさまのご努力や思いが、この度ひとつの節目を迎えたことに感慨もひとしおです。
昭和40年の人工飼育開始以降、数々の困難がありましたが、試行錯誤を経て、年を重ねるごとに着実に繁殖成功へのプロセスを歩んできました。思えば今年は徳島県鳴門市など、豊岡周辺地域以外で複数の繁殖地点が確認された画期的な今年に、野外のコウノトリが100羽に達したこともただの偶然ではないかもしれません。
また試験放鳥後、最初にここ百合地の巣塔から巣立ちがあり、さらに100羽目の巣立ちもこの百合地の地となったことにも不思議な因縁を感じずにはおられません。
今後、幸せを呼ぶといわれるコウノトリが日本全国に飛来し、さらに多くの方々に幸せを届けてくれることと期待しています。

兵庫県立コウノトリの郷公園長  山岸 哲

(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)