お知らせ

祥雲寺地区人工巣塔の卵がハシブトガラスに持ち去られました(ライブ映像により確認)

 兵庫県立コウノトリの郷公園北にある祥雲寺地区人工巣塔において野外コウノトリのペアが抱卵していることをお知らせしましたが、4月3日(月)、ペアが巣を空けた間にすべての卵をハシブトガラスに持ち去られました。
 同人工巣塔においては、昨年度もカラスによる卵の持ち去りがありましたが、同ペアは、その後、再び産卵し、人工巣塔から2羽が巣立ちました。県立コウノトリの郷公園では引き続き、観察を続けていきます。ライブ配信についてもこれまでどおり行います。

兵庫県立コウノトリの郷公園ライブ配信のお知らせ
http://www.stork.u-hyogo.ac.jp/posts_announce/3429.html

(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館