お知らせ

高病原性鳥インフルエンザ防疫対策を実施しました(飼育ケージ天井へのシート設置)

本日1月6日(金)8時30分から、県立コウノトリの郷公園飼育エリア(非公開)にある飼育ケージの天井を覆うため、天井にシートを設置する工事を実施しました。これにより野鳥の糞が飼育ケージ内に落ちることを防ぐために実施したものです。写真は個体ケージ2の作業を行う様子です。関係するケージの作業を全て終えるには数日かかる見込みです。

なお、兵庫県立コウノトリの郷公園は、継続して開園しています。

 

個体ケージの写真

個体ケージにシートを設置する様子

個体ケージの写真

シートを設置した個体ケージ

(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)