お知らせ

コウノトリ保全国際シンポジウムの開催

コウノトリの個体群管理に関する期間・施設間パネル(IPPM-OWS)主催による見出しのシンポジウムが行われます。

昨年2015年は、コウノトリの野生復帰が10年目を迎えるとともに、韓国でも放鳥が開始され、野外で繁殖に成功、2羽が巣立ちました。韓国には、日本生まれのコウノトリが長期に滞在するなど個体の交流への期待が高まっており、今後、日本と韓国が連携を強化することが、コウノトリの野生復帰にとって重要となってきます。今回、韓国の研究者を招聘し、知見の共有を図り、コウノトリの保全について考えます。

このシンポジウムに県立コウノトリの郷公園は共催しています。

  • 日時 2016年12月10日(土) 13時15分~16時50分
  • 場所 井の頭自然公園(彫刻館B館)
  • 共催 県立コウノトリの郷公園、(公財)東京動物園協会、兵庫県立大学大学院地域資源マネジメント研究科
  • 後援 (公社)日本動物園水族館協会
  • 助成 公益信託サントリー世界愛鳥基金

20161210_international_symposium01

20161210_international_symposium02

(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)