お知らせ

野生個体(通称:エヒメ)について

兵庫県立コウノトリの郷公園周辺に2006年から飛来し、定着している野生個体(通称:エヒメ)が、10月28日(金)から右足を痛めている様子を確認しています。当園獣医師が状態をフィールドスコープ等で観察したところ、傷(右足第3趾)を確認しました。11月2日(水)現在、歩行し、採餌もしていますので足の状態は良化傾向にあると考えていますが、引き続き経過を観察していきます。

採餌する野生個体(通称:エヒメ)の画像

採餌する野生個体(通称:エヒメ)

(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)