お知らせ

11月3日(文化の日)は「約束のケージ」ガイドウォーク

県立コウノトリの郷公園から車で約10分、兵庫県立コウノトリの郷公園附属飼育施設保護増殖センターはあります。通常は非公開としているこの施設を11月3日(文化の日)に特別に公開し、ガイドします。

 

日時

2016年11月3日(木) 文化の日

  • 第Ⅰ部 10:30-12:00
  • 第Ⅱ部 13:30-15:00  ※Ⅰ・Ⅱ部は同じ内容です

 

場所

兵庫県立コウノトリの郷公園附属飼育施設保護増殖センター(豊岡市野上1314-1)

募集人数

Ⅰ、Ⅱ部とも各30名(申込多数の場合は抽選とします)

FAX、 e-mailのいずれかによりお申込ください

FAX 0796-23-6538

e-mail regist@stork.u-hyogo.ac.jp

申込み期限 10月25日(火)

 

 

内容

  • 第1ケージ見学(約束のケージ)
  • 旧飼育施設見学
  • ペア個体見学
  • 管理事務所モニター室見学
「約束のケージ」ガイドウォークチラシ画像

「約束のケージ」ガイドウォークチラシ

兵庫県立コウノトリの郷公園附属飼育施設保護増殖センターとは、

 

センターは国内のコウノトリが減少の一途をたどっていた1965年、保護増殖の目的で野外の個体を初めて捕獲・飼育した施設です。野外のコウノトリを捕獲したとき、関係者が「必ず野に帰す」と約束し、そして収容した第1フライングケージを、いつしか「約束のケージ」と呼ぶようになりました。ロシアから譲受した個体からペアができ、雛が誕生したのもこの施設です。県立コウノトリの郷公園が開園してからは、非公開としていますが、現在も繁殖拠点として重要な役割を果たしています

 

(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館