兵庫県立コウノトリの郷公園

公立大学法人 兵庫県立大学大学院大学院 地域資源マネジメント研究科

お知らせ

「郷公園デー ~非公開エリア特別公開~」の実施について

県立コウノトリの郷公園は1999年(平成11年)に開園しました。郷公園は、一度絶滅した特別天然記念物のコウノトリを再びよみがえらせ、人との共存を図ろうとする世界でも類を見ない事業を推進してきました。その間、多くの困難を乗り越えて、豊岡から巣立ったコウノトリが全国へ、そして世界へと羽ばたいており、今では200羽以上のコウノトリが自然界の空を舞っています。今回、非公開エリアを特別公開することで保護増殖と野生復帰の取組を、多くのみなさまに知っていただきたいです。また、「郷公園スタンプラリー」や「コウノトリの診療所」、「コウノトリ野生復帰の舞台裏」を実施します。秋の行楽に、ぜひ郷公園へお越しください。

 

<10月31日(土)、11月1日(日)のイベント案内>・・・両日ともイベント開催時間は9:00-15:00

 

  1. 「郷公園スタンプラリー」(受付:総合案内板横 スタンプ台紙配布時間 9:00〜14:30)
    Aコースは4か所のポイントを回ってコウノトリのスタンプを集めます。ゴールでは「缶バッジ」をプレゼントします。
    Bコースの5か所をクリアすれば、「缶バッジ」と「クリアファイル」をプレゼントします!
    ○Aコース:片道800m
    (ポイント①~④ 公開エリア)
    ○Bコース:片道1.5km
    (ポイント①~⑤ 公開エリア+非公開エリア)
  2. 「コウノトリの診療所」(場所:管理・研究棟)
    コウノトリの治療室と手術室を公開します。実際の診療機材(レントゲン、麻酔器など)を見ながら、コウノトリの健康管理・検査・治療などについて獣医師と獣医看護師の解説を聞くことができます。
  3. 「コウノトリ野生復帰の舞台裏」(場所:非公開エリア内各所)
    コウノトリの野生復帰を支える飼育活動について、非公開エリアの各所で飼育員が解説をします。
    ・繁殖ケージの個体紹介
    ・各種ケージの説明
    ・孵卵器、エサ調理室見学
    ・『飼育員のこぼれ話』ガイドツアー
      時  間  ①10:30~11:00 ②13:30~14:00(両日とも実施、各回の開始10分前に現地集合してください)
      定  員  各回先着15名(事前予約優先、当日参加可)
      集合場所  非公開エリア入口ゲート(地図の④です。入園口から約800m入ったところです。)
  4. その他
    原則として、午前8時の時点で豊岡市に気象警報(波浪、高潮警報を除く)が出ているときは中止とします。また、荒天についても状況に応じて中止とする場合があります。

 

郷公園デー チラシ_アートボード 1郷公園デー 裏2_清水案

(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)兵庫県但馬県民局コウノトリ映像ライブラリー
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)