コウノトリの郷公園とは

あいさつ

(写真)山岸 哲園長ポートレート

兵庫県立コウノトリの郷公園からみなさんへ

国の特別天然記念物であるコウノトリは、かつては日本中に広く生息・繁殖していましたが、昭和46年に野生 下では姿を消してしまいました。兵庫県教育委員会では県鳥でもあるコウノトリの日本最後の生息地となった但馬地域・豊岡市において、昭和40年に人工飼育を開始するなど、文化庁の多大な援助をいただいて、地域住民の皆様のご協力を得ながら、長年にわたりコウノトリの保護・増殖に努めてまいりました。

その後、飼育コウノトリの死亡、産卵からふ化の難しさなど、苦難の時代がありましたが、それを乗り越え、ロシアから寄贈されたコウノトリのつがいが 平成元年に飼育下繁殖に成功して以来、毎年、増殖に成功し、現在は約90羽のコウノトリを飼育しています。平成17年からは放鳥が開始され、平成19年には43年ぶりに野生下でヒナが誕生しました。そして、平成24年には野外生まれの両親からヒナが誕生し、野生復帰の新しい局面を迎えています。こうした新しい状況に対応するため、平成23年8月には、「コウノトリ野生復帰グランドデザイン」を策定し、現在、それに沿って事業を展開しております。

兵庫県立コウノトリの郷公園は、コウノトリと共生できる環境が人にとっても安全で安心できる豊かな環境であるとの視点に立って、人とコウノトリが共生できる環境と学習の場を提供することを目的として平成11年に設立されました。その目的を達成するために、「コウノトリの種の保存と遺伝的管理」、「野生化 に向けての科学的研究および実験的試み」、「人と自然の共生できる自然環境の創造に向けての普及啓発」の3点を基本方針に位置づけ、コウノトリの保護・飼育・増殖・野生化に向けての研究、環境づくりなど多様な事業に取り組んでまいりました。

兵庫県立コウノトリの郷公園では、コウノトリの野生復帰に向けた研究成果の発信、広く県民に開かれた環境保全を考えるための自然観察や体験学習の提供など、人と自然の共生できる環境の創造に向けた取り組みを通して、広く人々に寄与することを目指しております。

平成26年4月に、野外の生息羽数は約70羽に達し、そのうち野外生まれは50羽を越えました。去る平成26年3月には、ついに豊岡生まれの1羽のメスが韓国まで飛んで行きました。さらに、兵庫県立大学大学院「地域資源マネジメント研究科」も開設され本格的な研究活動が始まりました。今後とも、 地域住民の皆様はもとより、関係機関のさらなるご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)