兵庫県立コウノトリの郷公園

公立大学法人 兵庫県立大学大学院大学院 地域資源マネジメント研究科

コウノトリの郷公園とは

あいさつ

(写真)江崎保男園長ポートレート

 

兵庫県立コウノトリの郷公園からみなさんへ

 

 平成は、国の特別天然記念物コウノトリが保護・増殖から野生復帰へと大きな進展をみせた時代でした。まず、ロシアから寄贈された雌雄がつがいを形成し、平成元年に飼育下繁殖に成功しました。飼育個体が順調にその数を増やし、現在の約100羽に達する一方で、平成17年に開始した再導入(放鳥)により野に放った個体が、平成19年には野外繁殖に成功しました。それ以降、野外での繁殖は順調に進み、平成29年には個体数が100を超える一方で、野生復帰の中心地、但馬地域では10を超えるつがいが、今では安定した繁殖個体群を形成しています。またこの年には、北近畿以外で初となる繁殖が徳島県鳴門市で成功し、翌年には島根県雲南市がこれに続くなど、「国内メタ個体群構造の構築」に向かって力強く踏み出しています。
 昭和の時代を振り返りますと、昭和46年に国内のコウノトリは野生下では見られなくなり、国内個体群が絶滅しました。兵庫県教育委員会は県鳥コウノトリの生息地であった但馬地域・豊岡市において、昭和40年からケージでの飼育を開始し、地域の皆様のご協力を得ながら、かつ文化庁の多大な支援をいただいて、半世紀以上にわたってコウノトリの保護・増殖・野生復帰に努めてまいりました。飼育個体の死亡や飼育下繁殖の失敗など、苦難の時代もありましたが、平成に入ると上述のように、大きな進展をみせたわけです。
 兵庫県立コウノトリの郷公園は、コウノトリが生きていける環境が人にとっても安全・安心で豊かな環境であるという認識のもと、人とコウノトリが共生できる環境と学習の場を提供することを目的として、平成11年に設立されました。この目的を達成するために、「コウノトリの種の保存と遺伝的管理」「野生化に向けての科学的研究及び実践的試み」「人と自然が共生できる自然環境の創造に向けての普及啓発」の3点を基本方針に位置付け、コウノトリの飼育・増殖、野生化に向けての研究・環境づくり、環境教育に取り組んでまいりました。そして、平成23年8月に「コウノトリ野生復帰グランドデザイン」を策定し、以降これに沿った事業を現在まで展開しています。
 また、平成26年には敷地内に兵庫県立大学大学院「地域資源マネジメント研究科」が開設され、本格的な研究活動も始まっています。令和となるこれからの時代におきましても、地域住民の皆様はもとより、関係機関のさらなるご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

園長・江崎保男

(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)兵庫県但馬県民局コウノトリ映像ライブラリー
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)