野外コウノトリ

野外コウノトリ

兵庫県北部の但馬地域にはコウノトリの野生繁殖個体群が日本で最後まで残っていましたが,野生個体群としては1971年に絶滅し,以後は長い間飼育下で保護増殖の努力が続けられてきました.そのかいあって,コウノトリの放鳥(リリース)が2005年9月24日の5個体のハードリリースにより開始されました.翌年にはソフトリリースも実施され,2010年までの試験放鳥期間に計27個体が放鳥されました.2007年には日本国内の野外では43年ぶりにヒナが巣立ちし,以後毎年野外で繁殖してます.近年は野外で巣立った個体が日本各地へと長距離移動し,国内の各地でコウノトリを見かける機会が増えてきています.

(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)