兵庫県立コウノトリの郷公園

公立大学法人 兵庫県立大学大学院大学院 地域資源マネジメント研究科

普及啓発・環境教育

兵庫県庁のはく製

IMG_5172
 当公園は兵庫県の県鳥であるコウノトリの保護増殖と野生復帰事業に長年取り組んできました。このたび県立コウノトリの郷公園開園20周年を記念して、歴史的にみて貴重な個体のコウノトリのはく製を県庁ロビーに設置いたしました。当該コウノトリの系譜や歴史的な価値等の特色を説明することで、コウノトリの保護増殖の歴史と野生復帰事業を広く県民の皆様にお伝えいたします。

 

  1. 展示場所
  2. 兵庫県庁2号館1階ロビー
    ※障がい者の就労体験の実践の場として運営されている兵庫県庁食堂「ドリームカフェ」の目の前です。
        

  3. 個体情報
  4. J168(メス)足環:右 紫  左 なし
     通称名:紫(むらさき)
     平成6年(1994年)6月17日に県立コウノトリの郷公園で孵化
     令和元年(2019年)7月12日、腎不全で死亡(25歳)
        

  5. 親鳥
  6. 「J023」×「J018」
     メス親「J018」は、昭和46年(1971年)に自然界で捕獲され、現在の附属飼育施設コウノトリ保護増殖センターへ移送された野生の血を引くコウノトリ(通称:武生)です。
     「J018」の2羽の子のうち、ペアを形成し、繁殖に成功したのは「J168」だけです。そのため「J168」のペアから孵化したコウノトリは、その後の放鳥や国内外の動物園への譲渡個体に選ばれるなど、コウノトリの遺伝的多様性に大きく貢献しています。

 

下の画像をクリックすると拡大します

191227_prefgov_taxid

(バナー)コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)ふるさとひょうご寄付金(コウノトリ野生復帰プロジェクト)
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)兵庫県但馬県民局コウノトリ映像ライブラリー
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館
(バナー)コウノトリ定着推進協議会(徳島)