イベントの記録 一覧表示
長距離移動情報 一覧表示

野生復帰10年を超えて

コウノトリを再び大空へ。
2005年か兵庫県・但馬で始まった野生復帰。
今では、兵庫県北部の但馬地域を中心に野生個体群が復活しつつあります。
コウノトリは、日本各地の大空を翔け、2014年には初めて国境を越えて韓国へ渡りました。野生復帰の取組みは今、全国へ、そして世界へと広がっています。

野外のコウノトリ

放鳥個体、野外のペアや巣立ち個体についての情報はこちらです。

飼育下のコウノトリ

園内や放鳥拠点で飼育している個体についての情報はこちらです。

コウノトリの研究

コウノトリの野生復帰や地域資源に関する研究あるいは大学院についての情報はこちらです。

公立大学法人 兵庫県立大学大学院地域資源マネジメント研究科

園内にはコウノトリやジオパークなどの地域資源について教育・研究する大学院が設置されています。

オープンキャンパス  入試情報

来園される方へ

園内には屋根がないケージが設置されており、コウノトリの様子を間近に見ることができます。また、自由に飛翔する野外のコウノトリも園内や近隣で見られます。入園無料です。休園日にご注意ください。

兵庫県立コウノトリの郷公園
お電話でのお問合せ0796-23-5666
〒668-0814 兵庫県豊岡市祥雲寺字二ヶ谷128番地
開園時間:午前9:00~午後5:00
休園  :月曜日(休日に当たるときはその翌日)
     および12月28日~1月4日(原則)
アクセス情報 バリアフリー情報
(バナー)コウノトリの郷公園公式Facebookページ
(バナー)足環カタログ
(バナー)キコニアレター
(バナー)園長日記
(バナー)コウノトリ野生復帰グランドデザイン
(バナー)学術雑誌「野生復帰」
(バナー)コウノトリ飛来時の対応パンフレット
(バナー)コウノトリの郷公園パンフレット
(バナー)コウノトリファンクラブ
(バナー)豊岡市コウノトリ文化館